フランチャイズ本部の法律業務をサポートして20年以上の経験と実績をもつ法律事務所

〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1丁目4番地8
NCO神田須田町2階

03-3254-5665

受付時間

9:00~18:00(土日祝祭日は除く)

初回見積り相談は無料

予防法務

予防法務とは

予防法務の意味

予防法務とは、将来発生の可能性がある紛争を未然に予防するための法的措置のことをいいます。

経済取引が活性化し、それにともない法律問題が頻発する現代において、紛争の発生は不可避的であり、予防法務は非常に重要であるといえます。

画像 セカンドオピニオン提供サービス

予防法務のメリット

将来発生の可能性がある紛争を未然に予防することができれば、事業の運営という本来の目的を円滑に行うことができます。

また、顕在化してしまった法的紛争に対処することは、時間的・経済的に負担となるものであり、予防法務により、無駄な労力を省くことができます。

予防法務の軽視が大きな損害を招くことも

予防法務につきましては、予防法務の重要性に気付いている方が少なく、気付いていたとしても後回しにする方が多いのが現状です。特に、企業の業績が好調であればあるほど予防法務を軽視する傾向があります。しかし、本来、業績が好調であればあるほど、企業が、気をつけなければいけないのが予防法務なのです。

業績が好調ということは、それに比例して紛争のリスクが増えます。予防法務を軽視していると、思わぬ紛争に巻き込まれ、多額の損害が生じてしまうことにもなりかねません。

多額の損失を出す前に、法的リスクの洗い出しをしっかり行うべきであるといえます。

法的リスクを洗い出すことでベストの意志決定ができる

法的リスクの対策について複数の方法が示され、あるいは法的リスクに関して複数の評価が示されることにより、お客様として事業の運営におけるベストな選択をすることが可能になります。

お電話でのお問合せ・ご相談の予約はこちら

初回見積り相談無料

03-3254-5665

受付時間:9:00~18:00 (土日祝祭日は除く)

担当:毎熊(まいくま)・永島(ながしま)