フランチャイズ本部の法律業務をサポートして20年以上の経験と実績をもつ法律事務所

〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1丁目4番地8
NCO神田須田町2階

03-3254-5665

受付時間

9:00~18:00(土日祝祭日は除く)

初回見積り相談は無料

相談事例・解決実績

相談事例・解決実績

相談事例

フランチャイズ本部の立ち上げ

  • フランチャイズの本部を立ち上げたいので、フランチャイズ契約書とフランチャイズに関する規制である中小小売商業振興法に基づく法定開示書面を作成したい。
     

  • 新しい事業を始めるにあたり、ビジネススキーム(仕組み)を考えているのだが、(1)フランチャイズ契約、(2)代理店契約、(3)パッケージライセンス契約などの違いを教えてほしい。
     
  • 当社は、将来的にフランチャイズの全国展開を目指しており、エリアフランチャイズ方式またはサブ・フランチャイズ方式でフランチャイズ契約書を作成しようと考えている。通常のフランチャイズ契約との違いやメリット・デメリットを教えてほしい。また、当社の事業には、どのようなビジネススキーム(仕組み)が合っているか、他によいビジネススキーム(仕組み)があるかを教えてほしい。

 

  • 社員独立制度(いわゆる「のれん分け」)を導入しようと思っているのだが、どのような契約書を用意すればよいかを教えてほしい。

フランチャイズ本部の契約書及び運営体制の見直し

  • 当社のフランチャイズ契約書は、コンサルタント会社が作成したもので、弁護士等の専門家にリーガルチェック(法律的検討)をしてもらったことがない。フランチャイズ本部を立ち上げてから数年が経過した現在、加盟店の店舗数も増えてきたので、現在使用しているフランチャイズ契約書の見直しをしてほしい。
     
  • 加盟店の店舗物件について、本部が物件の貸主から借りて(賃貸借)、その物件を本部から加盟店に貸す(転貸借)ことを考えている。貸主との賃貸借契約書の検討と、加盟店との転貸借契約の作成をお願いしたい。
     
  • ショッピングセンターのフードコートに出店することになり、デベロッパーから出店に関する賃貸借契約書案を受領した。通常の賃貸借契約と異なり、かなり細かい事項までが規定されているので、賃貸借契約書の検討・確認をしてほしい。
     
  • 加盟店が必要とする設備などについて、加盟店がリース会社とファイナンスリース契約を締結することが多いので、リース会社と業務提携契約を締結したいが、業務提携契約書の検討・確認をしてほしい。
     
  • 加盟店が「フランチャイズ契約における加盟店としての地位を他の事業者に譲渡したいと相談されたので、本部として、これを承諾しようと思っている。事業譲渡契約書の作成をしてほしい。

加盟店とのトラブル問題

  • 加盟店がロイヤリティを払ってくれないので、催告書を内容証明で送ろうと思っている。内容証明の作成と今後どのように対応したらよいかを相談したい。
     

  • 当社のフランチャイズに加盟したばかりの加盟店から「加盟する前に受けた売上予測や指導内容の説明と実態が異なるので、契約解除したい。加盟金も返還してほしい」と言われた。当社は加盟金を返還しなければならないのか、また、どのような対応をすればよいかにつき、アドバイスがほしい。
     

  • フランチャイズ契約を解除した加盟店が、看板だけを替えて、同じ場所で、本部と同業種の営業を続けている。フランチャイズ契約書の競業禁止義務規定に違反しているのだが、他の加盟店との関係もあるので、訴訟提起しようと思っている。訴訟提起することについて、費用・時間などメリット・デメリットを教えてほしい。
     

  • 加盟店から、フランチャイズ契約に関する売上予測に間違いがあるなどを理由として訴訟提起をされたのだが、どのように対応したらよいか。

解決実績

加盟店との紛争ー売上予測の間違い

本部と加盟店の間の紛争で最も多いのがモデル収益予測、売上予測、収益予測等のフランチャイズ契約締結前に本部から加盟店に提供した情報に間違いがあるとして、加盟店からクレームが申し立てられたり、訴訟が提起されたりするケースです。

さまざまな資料が後々トラブルを引き起こすこともあります。特に、本部の収支予測に反して、店舗を開店して数か月がたっても、一向に黒字化する見通しが立たないと、加盟店は、本部に対して「話が違う」というクレームを申し立てることになります。

加盟店からは、損害賠償としての金額が明示され、損害賠償請求がされることがあります。この場合の問題は、本部が提供した資料になんらかの過ちがある、あるいは、立地調査などに過ちがあるなどの原因が考えられます。

加盟店との紛争ー加盟店による競業

競業行為に関する紛争も、本部と加盟店の間で多い紛争です。中でも多い紛争は、フランチャイズ契約終了後に、加盟店が同じ場所競業行為をするケースです。このような場合、本部としては、競業行為の差し止め違約金の請求をすることを考えることになります。

お電話でのお問合せ・ご相談の予約はこちら

初回見積り相談無料

03-3254-5665

受付時間:9:00~18:00 (土日祝祭日は除く)

担当:毎熊(まいくま)・永島(ながしま)