フランチャイズ本部の法律業務をサポートして20年以上の経験と実績をもつ法律事務所

〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1丁目4番地8
NCO神田須田町2階

03-3254-5665

受付時間

9:00~18:00(土日祝祭日は除く)

初回見積り相談は無料

セカンドオピニオン提供サービス

セカンドオピニオンサービスとは

セカンドオピニオンの意味

セカンドオピニオンとは、一般的に、ある分野の専門家から意見やアドバイスをもらった場合に、その専門家の意見やアドバイスに疑問などがあったときに、別の専門家に求める意見やアドバイスのことをいいます。

画像 セカンドオピニオン提供サービス

弁護士により見解は異なる

専門・得意分野を同じくする弁護士であっても、問題解決のための方針・方法についての考え方は、その弁護士の過去の経験や人生観などにより大きく異なる場合が少なくありません。

弁護士にはそれぞれ専門・得意分野がありますので、まず、問題となっている事項について専門・得意分野として扱っている弁護士の意見やアドバイスを受けることが大切です。

セカンドオピニオンを得ることでリスクや問題解決方法が見つかる

紛争案件であっても、あるいは新規ビジネスに関する法的リスクの問題であっても、想定しうるリスクをすべて洗い出し、検討したうえで判断するためには、やはり複数の弁護士に意見やアドバイスを求めることが必要となるものと思われます。

複数の弁護士から意見やアドバイスをもらうことにより、それまで見えていなかった問題が見えてきたり、あるいは、既に見えている問題について、その対応方法が見つかったりする場合があります。

セカンドオピニオンを得ることでベストの意志決定ができる

複数の紛争処理方針・方法が示され、あるいは法的リスクに関して複数の評価が示されることにより、お客様としてベストな選択をすることが可能になります。

セカンドオピニオンご提供サービスの特徴

画像 セカンドオピニオン提供サービス2

特殊分野に精通した弁護士のセカンドオピニオン

フランチャイズに関する紛争については、弁護士の理解度や紛争処理の経験値の差異により、訴訟提起前の紛争処理方針、または訴訟における訴訟の遂行方針などが、かなり異なったものとなりえます。

また、今のところ、日本にはフランチャイズに関する特別法がないことから、フランチャイズ契約の規定内容を解釈する際には、民法の規定に基づいて解釈することとなりますが、フランチャイズ契約は複数の契約関係が絡み合った契約であり、いろいろな性質を有している契約であることから、フランチャイズ契約上の条文ひとつをとっても、その条文の解釈については、様々な解釈があり得るものとなっています。

フランテック法律事務所では、フランチャイズ関係の分野に精通しておりますので、このような分野におきまして、お客様からのセカンドオピニオンに関するご相談を随時承っております。

画像 セカンドオピニオン提供サービス3

ビジネス・経営の視点からの意見

当事務所の代表弁護士は、アタッカーズ・ビジネススクール(経営コンサルタントの大前研一主宰)の第1期生であり、多数のベンチャー企業の顧問を務めております。また、ビジネス・マインドも豊かですので、経営者の方の視点に立った、セカンドオピニオンを提供させていただくことができます。

代表弁護士プロフィールはこちら

お電話でのお問合せ・ご相談の予約はこちら

初回見積り相談無料

03-3254-5665

受付時間:9:00~18:00 (土日祝祭日は除く)

担当:毎熊(まいくま)・永島(ながしま)